有限会社 石井商事

会社概要

代表挨拶

Greeting
石井邦彦

食を通して
世の中を
笑顔にするために

代表取締役
石井邦彦Kunihiko Ishii

石井商事は、心を大切にする会社です。
私が子供の頃、父は脱サラをし、ラーメン店をはじめました。
普段、両親揃って食卓を囲むことは少なく、祖父母に育てられた記憶が残っています。

小学生の頃は、父親の職業がラーメン屋であることをからかわれ、稚心に傷ついたこともありました。 しかし、今では父と同じこの仕事に就いたことを誇りに思っています。

高校を卒業した私は、都内にある調理専門学校に進学しました。 昼は学校で勉強し、夜は掛け持ちのアルバイトでなかなか帰省することは出来ませんでした。その多忙な時期、私の心を支えてくれたのは毎月届くダンボールでした。 母が送ってくれるダンボールの中には、大量の食料と手紙、そしてテレホンカード。疲れた時に、そのテレホンカードで実家に電話をし、励みにしていたことが今でも忘れられません。その時の母からの手紙は、今でも大切に保管してあります。

専門学校では洋食を専攻しておりました。父も離れて暮らす私を応援してくれました。 当時、父のラーメン店は他の方に譲渡しておりましたが、その頃から「またいつか家族でラーメン店を営む」ことを夢に抱くようになりました。卒業後に決まっていたフランス留学を断り、私は中華料理店へ就職しました。 就職した先は、四川料理の達人・陳建民さんのお弟子さんが営む天外天、芝蘭で修行を積み、25歳の時に現在の桃源花富谷店をオープンしました。

父と母が私達家族のためにラーメン店を営んでいた過去があったからこそ、私もこの道を選んだと言っても過言ではありません。私の人生にとって両親の支えが大きく、今の自分があると感謝しております。

そして支えてくれる家族や社員さんを幸せにすることが、今私の使命と感じております。

人は、愛情で育ちます。

料理も、心を込めなければ美味しくはなりません。

だからこそ、弊社は心を重視した採用を行っております。

■経営理念
食を通して世の中を笑顔にします
■会社の目的
スタッフの幸せとやりがいが実感出来る職場をつくり、お客様に愛され、地域に必要とされる会社を目指します

の実現に向けて現在取り組んでおります。

『うちのお父さん桃源花・えんまる・源楽で美味しいラーメン作っているんだよ』
『息子が桃源花・えんまる・源楽に就職が決まって良かった~』

そんな風に言っていただけるように社員さんが笑顔で楽しく働ける職場、そしてご家族の皆様にも喜んで頂ける職場にしていきたいと考えております。

そして、この理念と会社の目的に共感できる社員さんと、相思相愛の会社をつくっていきます。

石井商事の強み

Strengths Point

地域に愛される会社

宮谷市に第1号店を出店してから20年以上にわたり、地域の食を支え続けてきました。

出店は郊外、それも富谷·仙台北エリアに絞るドミナント戦略を採用することで 認知度を高め、地域の信頼を獲得することに成功しています。

食を通して地域の人に幸せを届ける

家族団らんの場の1つでありたいという思いから、幅広い年齢層の人に愛される味に こだわり続けています。

経営理念の「食を通して世の中を笑顔にします」を実践し続けています。

お客様・取引先・スタッフの三方良しを掲げる

「社員の幸せがお客様の幸せにつながる」という社長の「人」を思う気持ちが溢れています。

お客様だけでなくスタッフの働きやすさを重視しています。

外食・中食事業を柱に生活に密着した商品を届ける

外食事業のラーメン店が4店舗、中食事業のからあげ店が2店舗、食パン専門店が3店舗、鮫子店が1店舗と、宮城県内に合計10店舗を構えます。

外食事業と中食事業を2本の柱とし、生活に密着したフードビジネスを複数展開しています。

社員と共にチャレンジし続ける会社

中食事業を始めたきっかけの1つが近年目覚ましい女性の社会進出。

働く女性を応援したい思いがあります。

今後は「まるでカフェのようなおしゃれなラーメン店」の出店を考えており、会社全体で常にチャレンジし続けています。

会社概要

社名 有限会社石井商事
代表者名 代表取締役 石井 邦彦
本社所在地 宮城県富谷市鷹乃杜4-3-33
電話番号 022-358-8210
創業 1978年12月
設立 1980年3月
資本金 1,000万円
決算期 9月
従業員数 190名
事業内容

外食事業
・桃源花
・蔵出し醸造味噌ラーメン えんまる
・肉中華そば 源楽

中食事業
・からあげ専門 石井商店
・純生食パン工房 HARE/PAN
・生餃子専門店 奥州生ぎょうざ 桃の木